求人で確認すべきポイント

求人で確認すべきポイント

今時、人付き合いやコネで就職できるほど甘い時代ではありません。

大抵の人は仕事を探すとなると、求人サイトや求人誌を利用するでしょう。

特に求人サイトは情報量も多く、リアルタイムで更新される情報をパソコンやスマホからすぐ閲覧できるという大きな利点がありますから、活用する人も多いのではないでしょうか。

求人誌は地元の小規模な企業や個人経営の店などの求人情報に特化しているメリットがあります。

求人誌、求人サイト、どちらを活用するにしろ、確認すべきポイントはそう変わりません。

数ある求人情報を比較、吟味して、確認すべきポイントをチェックすることが大切です。

きちんと条件や待遇を見極めれば、条件の良い、長く働ける職場を見つけることができるでしょう。

では、求人情報で確認すべきポイントとは何でしょうか。

「何のために働くのか」という価値観は人それぞれですが、おそらく仕事を探す人のほとんどは、労働に見合う対価が得られるかどうかを重視するでしょう。

大抵、給与や賞与について真っ先にチェックするはずです。

各種保険や育休・介護休暇など福利厚生の条件や待遇を重視するという人もいるでしょう。

それらも大切なポイントですが、つい求職者がチェックし忘れてしまいがちなのが「超過勤務手当」や「有給休暇の日数」など基本給以外の給与や、休暇日数などの項目です。

これらも正当な給与、権利ですから、確認しておくべきポイントと言えます。求人情報内に記載されていない場合は、応募する前に直接雇用側の担当者に確認するのがお勧めです。

本来ならあってはならないことですが、いまだにサービス残業を要求するブラック企業も少なくないものです。用心しておくに越したことはありません。

求人情報の要確認ポイントを様々挙げてきましたが、仕事を探している時は多かれ少なかれ気持ちが焦っている状態ですので、求人をチェックする前に、まずは冷静になること、そして自分の希望をまとめておくことをお勧めします。

あわせて読みたい