いい求人を探すには「急がば回れ」

良い求人を探すには「急がば回れ」

求人サイトや求人誌に目を通す時というのは、誰でも「良い条件の求人を早く見つけたい」と気持ちが焦っているものです。

しかし、そこで冷静さを欠いていると、きちんと確認すべきポイントを確かめないまま条件の悪い求人に飛びついてしまいかねません。

「すぐにでも仕事が欲しい」と思っているような時こそ、サイトや情報誌を見る前には、自分にとって譲れない条件や事前に確認すべき事柄を冷静にまとめておきましょう。

実際に焦って飛びついた応募先でいざ働き始めてから「求人に記載されていた条件、待遇が違う」とトラブルになり、すぐに辞めてしまったとなれば、単に時間と労力の無駄ですし、自分が余計な苦労を背負い込んだ間に、他の条件、待遇がいい求人を逃してしまった可能性もあるのです。

急がば回れ、焦っている時ほど慎重になることが大切だと心にとめておいてください。

求人情報で確認しておきたいポイントは人それぞれですが、大抵の場合、誰でも賞与や給与については真っ先に確認するのではないでしょうか。

給与が良くても、社会保険などの福利厚生がなければ安心して働くこともできませんから、福利厚生などもきちんと確認する人が多いでしょう。

それに加えて、できれば残業した時につく「超過勤務手当」や年間の有給休暇の日数などについても確認しておくべきです。

なぜなら、それらも、正当に付与されるべき給与の一部だからです。

近年問題になっている「サービス残業」は社員のやる気の現れだなどという時代遅れの意見もありますが、「あなたが残業のために使った時間には、一銭の価値もない」と言われたも同然なのです。

残業時の手当などについて求人情報内に記載されていない場合は、念のために応募する前に担当者に直接確認しておくと良いでしょう。

万が一、就職前に確認していたにも関わらず、サービス残業や見込み時間を大幅に超える残業を求められた場合は、程度によっては会社都合退職も可能です。労働基準監督署などに相談してみることをお勧めします。

あわせて読みたい