求人に記載されていない内容は担当者に確認を

求人に記載されていない事は担当者に確認を

仕事を探す場合、求人サイトや求人誌をチェックすることになりますが、良い条件、待遇しか見ずに適当な求人に飛びついてしまうと、後々後悔するかもしれません。

仕事を探す前に、あらかじめ自分の望む条件などをメモに書き出しておくことをお勧めします。

簡単に条件をリスト化し、チェックシートなどを作っておくと便利です。

例えば求人情報を見る時、大抵の人は「仕事を早く見つけないと金銭的余裕がない、世間体が悪い」などとどこか焦っているものです。

が、「とにかく早く」と思っていると集中力が落ち、大切なことを見落としてしまう可能性が高くなります。

中には、そのような求職者の焦りからくるミスリードを狙っている悪質な求人もあるため、きちんと長く働ける、条件の良い仕事を見つけたいのであれば、冷静に求人情報を分析できるように準備しておきましょう。

先述したように、求職者の多くは、なにかしらの理由で焦っている状況です。

そんな時につい見落としてしまいがちな条件といえば、超過勤務手当や有給休暇の日数などについての項目です。

賞与や給与について記載されていない求人はありませんが、超過勤務手当や有給休暇の日数までは記載されていないことも少なくないものです。

焦りから、つい細かい条件を確かめないまま、好条件につられてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、超過勤務手当も有給休暇も、どちらも労働者がもらうべき対価、権利です。

例えば、世間では「有給休暇を申請すると、理由を聞かれるので取りづらい」という話もよくありますが、そもそも有給休暇の申請の際に理由を述べる必要はありません。

それは従業員の「権利」であり、第三者を納得させる理由は必要ないのです。

有給休暇を取得できる日数、超過勤務の額などについて、事前にどのような制度になっているのか求人に詳細が記載されていなかった場合は、担当者に直接確認してから考慮すべきです。

あわせて読みたい